得意分野に合わせて依頼|お酒買取専門業者を利用して不要なお酒は現金に換える

お酒の状態を見てメンテナンス!お酒買取額をアップさせる方法

得意分野に合わせて依頼

貯金箱

業者を利用する時の注意点

お酒買取の業者を利用するときにはどこも同じだと考えてはなりません。業者によって得手不得手があるので同じお酒でも高いく買い取ってくれる業者と安く買い取る業者とがあります。手近にある買取店に持っていけば良いと考えるのではなく、多くの買取店で査定を受けて最も高い価格を提示してくれた業者に売るのが良い方法です。

忙しい人でも安心して利用できる出張サービス

お酒買取を利用するときには店舗までお酒を持っていく必要はありません。忙しい人でも安心して利用できる出張サービスを実施している業者が多数あります。これは業者に連絡をして日時を指定すると、その時間に自宅まで来てお酒の査定を行ってくれるサービスです。その場で査定をして買い取ってくれる場合もあれば、そこで一度引き取りをして査定価格を連絡してくれる場合もあります。業者に連絡するときに営業時間外であってもメールやウェブフォームで受け付けてくれるので、平日の昼間はほとんど仕事をしているという人でも利用可能です。

お酒は高額で買取ってもらうことができる

たかがお酒だからあまり高くは買い取ってもらえないと考える人もいますが、お酒はものによっては高額で取引されています。もし高く売れる要素を持っているお酒を持っていて飲む予定もないというのならお酒買取を利用するのが賢明です。何がお酒を高額で買い取ってもらうために必要かは予め知っておくことが重要になります。

これが決め手になる!お酒を高額で買取ってもらうポイント

何よりも大切な銘柄と年号

お酒を高く買い取ってもらうために最も大切なのが銘柄です。人気のある銘柄でなければ高くは買い取ってもらえません。そして、ワインなどのように熟成期間で味わいが変わったり生産年で出来栄えが異なるお酒は年号も重要です。

ラベルと瓶の状態が肝心

お酒の中身だけでなく見た目も重要になります。瓶に傷が付いていたり、ラベルの一部に破れや色あせがあったりするとマイナス評価になってしまいがちなので丁寧に暗所で保管されていたことが査定価格に響くでしょう。

コルク栓なら液面も重要

ワインのようにコルク栓になっているものは年が経つにつれて液面が変化していきます。コルクから下1cmの辺りがボトリングをした時点での液面です。熟成期間に応じて低下していくので液面の高さが熟成期間に合致しているかが重要になります。

保管状況も重要な要素

どのようにお酒が保管されていたかは価格に大きな影響を与えます。ラベルや液面の変化も保管状況を推察するのに参考にされますが、ワインセラーや冷蔵庫などで保管されていたお酒の方が状態が良くて高い価格が付くのが一般的です。

広告募集中